おたがまつり

今年の『おたがまつり』は令和6年3月10日(日)です。

多賀壽命尊春季大祭

令和6年3月10日㈰9時~15時

概要

 「おたがまつり」と地元の人からは呼ばれている多賀壽命尊大祭は、地元では「おたがさまが終わると、春が来る」とも言われている。万民の泰平豊楽を祈念する祭礼である。天保5年(1834)、長仙寺に旧来からあった阿弥陀堂に、近江多賀大社から、多賀壽命尊の分神を勧請した。勧請した際に、多賀大社別当から出された一通の文書には、4月に祭礼を営むことが定められていた。現在は毎年3月第2日曜日が大祭の定日となっている。

 境内には、多くの屋台が並び、中でも植木商の屋台が人を集めている。おたがまつりでは、初物の元気な植木が出ていることで定評が高い。

祭礼特別祈祷

・午前9時~11時
・午後1時~3時

※11時半から御輿渡御の為、一時中断します。

御輿渡御・慶讃法要

11時半から

餅投げ玉取り ※現在は行っておりません

おねがい

付近の県道ならびに農道には車を止めないで下さい。車でお越しの方は、拙寺境内裏にある無料駐車場にお止め下さい。

当日は豊橋鉄道渥美線豊島駅近くのJA愛知みなみ東部支所跡より、 無料シャトルバス を運行しています。

駐車場(180台程)

※1 混雑するため、なるべく乗り合わせてお越し下さい。
※2 付近の道路は駐車禁止です。農道も道幅が狭いため、交通法規により車を止めると駐車違反(道幅既定以下)になります。また駐車禁止の道路でなくても、車の右側に3.5m以上の余地が無い場合、駐車違反となります。

無料シャトルバス

豊橋鉄道渥美線「豊島駅」下車
JA愛知みなみ東部支所跡より直行