おたがまつり

来年の『おたがまつり』は令和5年3月12日(日)です。

令和4年の『おたがまつり』中止のお知らせ

 令和4年3月13日に予定していました『おたがまつり』を中止いたします。

 オミクロン株は軽症ですむという期待感を持ってる人も多いようですが、医療や介護の現場は、かつてないほどの混乱に陥ってます。また感染力の高いオミクロン株に席巻されている中、ワクチンを打たない無防備な子供達を危険に晒す大祭を開催するのは、神仏の願うところではありません。

 通常の御祈祷は致しますが、餅投げ、玉取り、みこし渡御などの行事は全て中止いたします。また露天商ならびに植木商の出店も中止いたします。
 3年連続の大祭中止は非常に残念ですが、どうか御理解賜りますよう伏してお願い申し上げます。

合掌九拝

令和4年2月14日

概要

 「おたがまつり」と地元の人からは呼ばれている多賀壽命尊大祭は、地元では「おたがさまが終わると、春が来る」とも言われている。 おたがまつりの特徴は、祭礼の最後に行われる「玉取り」である。厄年の男が投げたソフトボールよりも少し大きい金の玉を男達が奪い合う。昔は表浜の網元の命運をかけて、若者達が競い合ったという。 祭は午前九時から一般の御祈祷を順次行っている(午後二時迄)。午後三時頃から、みこしの渡御、大般若転読、餅投げ、玉取りと続く。毎年三月第二日曜日に行われる(小雨決行)

祭礼特別祈祷

令和は4年の祭礼特別祈祷は、感染対策により、護摩祈祷ではございません。

なお、祭礼特別祈祷受付は9時~15時30分まで行っております

祭礼の特別御祈祷は護摩祈祷を

午前9時、10時、11時、13時、14時、15時の定時に行います。

※定時に行いますので、遅くとも祈祷開始時刻の10分前までには受付にお越し下さい。

護摩祈祷とは、真言宗に伝わる祈祷法で、火を用いて心身を浄化し、本尊の御利益を得る祈祷法です。

御輿渡御結願法要

午後3時から

餅投げ玉取り

午後4時頃から

玉取り参加者当日募集 参加資格:中学生以上 男女不問

おねがい

付近の県道ならびに農道には車を止めないで下さい。車でお越しの方は、拙寺境内裏にある無料駐車場にお止め下さい。当日は豊橋鉄道渥美線豊島駅近くのJA愛知みなみ東部支所跡より、 無料シャトルバス を運行しています。

駐車場(180台程)

※1 混雑するため、なるべく乗り合わせてお越し下さい。
※2 付近の道路は駐車禁止です。農道も道幅が狭いため、交通法規により車を止めると駐車違反(道幅既定以下)になります。また駐車禁止の道路でなくても、車の右側に3.5m以上の余地が無い場合、駐車違反となります。

無料シャトルバス

豊橋鉄道渥美線「豊島駅」下車
JA愛知みなみ東部支所跡より直行